[gibo] Gitの無視ファイルgitignoreを一瞬で作る方法

みなさんは普段どのようにgitignoreを作成していますか?

手作業で設定したり、GitHubのテンプレートから持ってきたり、前に使ったものを流用したりなど、様々な方法があるかと思いますが、

もしこのような方法で作成している方には「gibo」というツールをオススメします。

https://github.com/simonwhitaker/gibo

インストール

Mac環境であればHomebrewでインストールできます。

$ brew install gibo
$ gibo -v
gibo 2.2.1 by Simon Whitaker <sw@netcetera.org>
https://github.com/simonwhitaker/gibo

Fetches gitignore boilerplates from https://github.com/github/gitignore

Usage:
    gibo [command]

Example:
    gibo dump Swift Xcode >> .gitignore

Commands:
    dump BOILERPLATE...   Write boilerplate(s) to STDOUT
    help                  Display this help text
    list                  List available boilerplates
    root                  Show the directory where gibo stores its boilerplates
    search STR            Search for boilerplates with STR in the name
    update                Update list of available boilerplates
    version               Display current script version

使い方

gibo listを実行すると対応する言語、フレームワークが表示されます。

だいたいの言語やメジャーなフレームワークであればリストに含まれているかと思います。

gitignoreを作成するにはdumpコマンドを使います。

以前はdump無しで良かったのですがアップデートで変更されたようです。

$ gibo dump Node
### https://raw.github.com/github/gitignore/4a8e0a151becd5ccbb83e4aca6e6c195f3d506fd/Node.gitignore

# Logs
logs
*.log
npm-debug.log*
yarn-debug.log*
yarn-error.log*

# Runtime data
pids
*.pid
*.seed
*.pid.lock

# Directory for instrumented libs generated by jscoverage/JSCover
lib-cov
...

gibo dump NodeとするとNode.jsのgitignoreを出力します。

Railsであればgibo dump Railsのように使用する言語、フレームワークを指定しましょう。

これを.gitignoreファイルに書き込みます。

$ gibo dump Node > .gitignore

これでNodeの.gitignoreファイルが作成できます。

まとめ

giboは https://github.com/github/gitignore を参照してgitignoreを作成しているようなのでgitignoreの内容も問題ないと思います。

私は以前から使用していたのですがあまりメジャーではないようでしたので紹介させて頂きました。

今まで手作業でgitignoreを作成していた方は、ぜひ使用されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です