自動運転車両による公共交通サービスと地域情報基盤システム

Autonomous Driving

メインビジュアルアイコン 認識・制御・ブロックチェーン技術によって、安全で信頼性の高い自動運転による公共交通サービスを実現し安心、安全を確保できる仕組みづくりに取り組んでいます

事業概要

高齢化が進む過疎地域では採算が取れないことから公共交通機関が次々と廃止されている現状があります。完全な自動運転が過疎地域にて導入されれば、高齢者も無理をして運転し続けることなく、買い物や通院が可能となります。 当社では自動運転による公共交通サービスと自動運転車両から収集するデータを活用した地域情報基盤のシステム開発を進めており、取り組みの一環として平成29年度地域復興実用化開発等促進事業費補助金を活用し、福島県双葉郡浪江町において主要施設と災害公営住宅を結ぶ「自動運転に係る情報基盤の構築及びまちなか巡回車両の実用化に向けた実証試験」を実施しました。

参画企業

実施主体(協業)

会津ラボロゴ 福島トヨペットロゴ

技術提供・連携

アイサンテクノロジーロゴ ZMPロゴ 東北大学ロゴ 会津大学ロゴ

実証試験

本実証実験は、平成31年度までに自動運転車両を用いた公共交通サービスの実現と関連する情報基盤の構築を目的としております。具体的には、浪江町役場を中心に浪江駅及び災害公営住宅を結ぶ2km圏において、自動運転による巡回交通サービスを実現し、当該自動運転車両で使用される各種センサ類のデータや3次元マップ等を地域情報基盤として共通利用できるシステム開発を実施します。

プレスリリース

福島県浪江町における自動運転の実用化に向けた実証実験を開始

プレスリリース

福島県浪江町における自動運転の実用化に向けた実証実験(第二期) 採択決定!

平成29年度

3次元マップ取得後に自動運転ソフトウェアを導入し、全方位レーザーを一般車両に搭載した状態で自動運転に係る各種実験を実施しました。自動運転ソフトウェア(下図参照)上での移動式高精度3次元計測システムによる取得マップとレーザーセンサ取得データのマッチングが正常に行われ、車両が実際に走行した経路上を走行していることを検証しました。 三次元マップ

平成30年度(予定)

福島県浪江町の災害公営住宅、役場、浪江駅の約2km圏内において自動運転をレベル3にて実施予定です。

ページトップボタン